SEOで威力発揮するアクセス解析Xenologger

XenoLoggerのダウンロードありがとうございます。

はじめに

生成されたディレクトリ内のファイル群をサーバー上にアップロードしてください。新規にインストールする場合は xeno など一つのディレクトリにすべて入れておくと便利です。xeno[バージョン] というような名前で古いバージョンが格納されいる場合は、ログファイルの共有のため、同じ場所にファイルをアップロードしてください。

本システムは Apache Webサーバー のモジュールとしてインストールされているPHPを前提にしています。ご利用のサーバーによってはCGIとしてPHPスクリプトが実行されることもあるかもしれません。PHPファイルのパーミッションはご利用のサーバーの説明に従って設定してください。

システム初期設定

システム初期設定の前に、下記ディレクトリのパーミッションを確認しておいてください。
./include/config ディレクトリ 0777
./LOG ディレクトリ 0777

新規(また更新の場合はそのアナウンスがあった時)の作業として、まずシステム初期設定を行う必要があります。init_tool.php こちらのページでシステム初期設定を行ってください。初期パスワードは xenoadmin です。このパスワードは必ず変更しておいてください。変更はシステム初期設定で行えます。設定項目に関しては、各項目欄の説明をよくお読みください。

システム初期設定は必ず、サーバー上で行ってください。もし、ローカルな環境で確認のためなどで、初期設定を行った場合は、ローカルでアンインストールをした状態で、サーバーにアップロードしてください。アンインストールは、解析画面で行います。

サーバー上の ./LOG ディレクトリにあるログファイル等をローカルにダウンロードし、それを誤ってFTPソフト等でサーバーにアップロードしてしまった場合、アップロードした全てのファイルのパーミッションを書き込み可能なもの 0666 に手動で設定し直してください。これを行わないと、システム側でファイル操作が行えません(プログラム実行環境によっては大丈夫な場合もあります)。

ログインできない?
ブラウザのクッキーを許可してください。


解析タグ発行

システム初期設定後に解析タグが発行されます。解析タグはシステム初期設定値を反映したものになっています。発行されたタグはテキストファイルなどにコピーして保存しておいてください。

解析対象のページの <body>~</body> 内に解析タグをセットしてください。通常用(非フレーム用)、フレーム用、SSL用の解析タグがありますので適切なものを選んでください。本アクセス解析は、非フレーム仕様のサイトに最適化されています。フレームサイトでのログ取得は非フレームのようにスマートにはいきません。ご了承ください。

更新時、通常、古い解析タグはそのままご利用になれます。タグの形が異なる場合がありますが、ログ取得に問題のないようにアップデートされています。

ドキュメント

解析画面

  システム初期設定完了後に有効になります。システム初期設定がまだですと、エラーになります。

ログインできない?
ブラウザのクッキーを許可してください。

Copyright (C) 2009 Xenobee. All rights reserved.